スタッフブログ

ボランティアの募集方法とは?事前準備と適切なアプローチが大切です。

こんにちは!秋も深まってまいりましたね~🍁

気が付けば、前回のスタッフブログから少し(いや…かなり?)時間が経ってしまいました(; ・`д・´)

 

さて、今回のスタッフブログのテーマは前回に引き続き、「ボランティア」

最近では、災害時のボランティアや、2020年の東京オリンピックに向けて都がボランティアを募集するなど、ボランティアの活動の場は増加しています。

 

一般の市民活動団体やNPO団体の方でも、人材不足の問題に直面することがあると思います。

特にイベントなどの際、当日手伝ってくれるボランティアさんを募りたいという団体も多いはず・・・。

本日は、そんなお悩みのための「ボランティアの募集方法とポイント」についてお話しいたします!

 

続きを読む

【スタッフブログ】ボランティアについて① 災害ボランティアにについて知っておいてほしいこと

 西日本豪雨から、2週間が経とうとしています。この災害によって、亡くなられた方は200名以上。避難者は4,800人にのぼります。栃木県でも、2015年の関東豪雨を経験し、今回の豪雨も「他人事ではない」と感じられた方も多いのではないでしょうか。

 

 連日包装される、被害状況や復興状況がのニュースを見て、「私も何かをしたい!」と考えた方もいると思います。

しかし、災害ボランティアは、被災地に赴くわけですから危険も多く、事前の準備が重要となります。

 

 今回のスタッフブログでは、「災害ボランティアにおける注意点」と、「災害ボランティアに参加するには?」についてお話したいと思います!

 

 

続きを読む

【スタッフブログ】最近よく聞く「SDGs」ってなぁに??~その①SDGsとは?17の目標と169のターゲットについて~

 

 

 最近、ニュースや新聞、企業広報などで「SDGs」という言葉が取り上げられることが増えてきましたね!

 国際問題や社会問題に関心のある方なら、もうすでにご存じの方も多い「SDGs」ですが、日本での認知度は15%とまだまだ低いのが現状なのです(*_*)

 

 本日のスタッフブログでは、「SDGs」とは何か?

また、なぜ「SDGs」が必要なのか?など、NPOや市民活動の目線でお伝えしたいと思います!

 英語だし難しそう・・・と思われた方も大丈夫!

 

内容はとってもシンプルでわかりやすいんですよ!

 

続きを読む

【スタッフブログ】市民活動の活動資源について②寄付ってなあに?どうやって集めるの?

 前回の「助成金ってなあに?」でも取り上げました、多くのボランティアグループやNPO団体にとっての悩みのタネである活動資源について。

 

どんな活動をするにも、様々な資源が必要になりますよね。

 団体の活動資源として、いくつか考えることができますが、今回は、寄付とは何か?・寄付の種類とは?・どうやって集めれば良いのか?について、お話しさせていただきますね!

寄付ってなあに?どうやって集めるの?

続きを読む

【スタッフブログ】2018年3月11日まちなか交流プラザ周辺にて「いちごいちえのふれあいまつり」

 

本日、2018年3月11日(日)は、まちなか交流プラザとその周辺で、第12回かぬま市民協働まつり「いちごいちえのふれあいまつり」が開催されました(#^^#)

 

お祭りでは、30店舗以上の露店がまちなか交流プラザ一帯に並び大賑わいでした!!

また、まちなか交流プラザ2階メインステージでは、登録団体によるステージ発表が行われ、歌やダンスなど日々の活動を発表するステージとなりました!

 

スタッフも露店のフォーや焼きそば、べりーちゃん焼きなど食べましたよ~💛

そして生ベリーちゃんにも触れあうことができましたっ!!

 

その他市長によるいちごの直販会などなど、伝えたいことばかりです!!

また追って、ふらっと活動報告として、詳しい記事を掲載させていただきますね🎵

 

ふらっとスタッフ:秋沢

【スタッフブログ】市民活動の活動資源について①助成金ってなあに?

 ふらっとをご利用いただいている活動団体、または個人で活動されている方より「助成金ってなに?」という質問を多くいただいております。多くのボランティアグループやNPOにとって、お金は大きな悩みのタネです。

 以前、「ふらっと開設10周年」にあたり行ったアンケート調査では、登録団体ほとんどの活動資金の調達方法が「会費」で、助成金を利用している団体は27.3%でした。また、団体運営で困っている事でも「資金が足りない」と答えた団体が11.9%おりました。

 そこで、今回は「助成金ってなに?」「助成金の出どころ・申請方法は?」「助成金を上手に活用するためには?」について、ご説明いたします!!

 

*助成金ってなに?*

【1】助成金は、NPOやボランティアグループを支える財源のひとつ

 会場代を支払ったり、材料を買ったり、講師謝礼を出したりと、活動にはお金がつきものです。また広報活動でチラシをつくったり、経理や会計などの団体の運営にもお金がかかってきます。

 団体を支える財源として、代表的なものは「会員から募る会費」「活動などで得られる事業収益」「支援者からの寄付」などで、これらは団体の基礎を支える自主財源です。

 助成金は外から受け取る上乗せのお金で、まとまった金額の収入になりますが、用途が限定されているため自主財源のように自由には使うことはできません。

 

【2】助成対象は活動

 ほとんどの助成金は団体そのものではなく「活動」を応援することを目的としています。それも、新しいニーズを踏まえた新規事業や、すでに行っている活動からのステップアップなどを主な対象としています。助成金のしくみや背景を知ることは、助成金を申請・活用していくうえで大切なポイントです。

 つぎに「誰のための活動か」を確認します。「〇〇のための活動」ということを明確にすることで、助成金の対象となるか自他ともに判断しやすくなるためです。

 

*助成金の出どころ*

 助成金は公益法人や地域団体、企業など多様な団体により主催されており、財源は企業の売上の一部や市民からの寄付などさまざまです。そして、主催する団体(助成団体)ごとに「助成プログラム」を作成しています。プログラムには助成金のルール(対象・期日など)や手順(申請方法・選考方法など)が定められています。

 

*申請するには?*

【1】対象やお金の使途を確認する

 たまに「NPO法人でないと申請できないのでは…」という声を耳にすることがありますが、実際には法人格の有無を問わず申請できるものがほとんどです。それよりも「活動した実績があるか」や「会計報告書をつくっているか」などが重要な要素になることがあります。

 また、助成団体が指定するお金の使いみちが、自分たちの希望する使途と合っているかの確認も必要です。助成金はお金の使途を指定しているので、助成金を受けても指定以外のものに使うことはできません。そのため申請の段階で何に(使途)どれくらいお金が必要なのかをはっきりさせる必要があります

 

【2】求められていることを伝える

 申請書では、①団体のこと(目的・活動内容・収益など)、②今回助成を希望する活動(目的・内容・具体的な計画など)を書いていきます。ここでのポイントは、要項から読み解いた助成団体からのメッセージに応えることです。

 

【3】活動の社会的意義を書こう

 申請理由には何を書くべきでしょうか。お金がない切実な状況を伝えたくなるかもしれませんが、ここでは活動の必要性と社会的意義を書くことをおすすめします。団体が何を課題と思っているのかをはっきり書くと同時に、今なぜこの活動があることで誰にどんな成果がもたらされるのかについて記載しながら、自分たちの活動についての社会的意義を伝えます。

 

*助成金を上手に活用するために*

 助成金は使途の自由度が高くないお金です。そのうえ、受け取ったら予定通り確実に活動をやり遂げなくてはなりません。助成金を上手に活用して、うまくお付き合いをしていくには、助成金の特徴を理解し、使いどころを判断することが大切です。そして団体の活動への助成ですから、申請からみんなで取り組むことはもちろん、何よりも最初に「この事業に助成金を申請する」ことを団体内で合意をしておくことが大切です。

続きを読む

【スタッフブログ】ワールドフェスティバル

ふらっと内に事務所を構える「鹿沼市国際交流協会」主催の一大イベント!

10月29日に行われた「かぬまワールドフェスティバル」の様子をちょこっとだけご紹介!

この日のお天気は台風の影響を受け、生憎の雨...

人足も減ってしまうと思いきや、会場には仮装をしたたくさんの市民の姿が!

魔女や恐竜、かぼちゃなど、みなさんこの日を楽しみにしていたようです!

 

ふらっとスタッフもこの日は各々が所属する団体で参加。

ばっちり仮装をしてイベントを盛り上げてきましたよ!(笑)

【スタッフブログ】ユネスコ無形文化遺産「鹿沼秋まつり」

 先日もお伝えした、10月7(土)8(日)に行われた、「鹿沼秋まつり」!

ユネスコ無形文化遺産の登録と、お天気にも恵まれ、例年以上の盛り上がりをみせておりました!

彫刻屋台のぶっつけは豪華絢爛、音と熱気のぶつかり合いで、見てる方も熱~い気持ちになりますね!

 

ふらっとも館内満席、飲み物も完売御礼の大賑わいでした(#^.^#)

また来年の秋祭りが今から楽しみです( *´艸`)

 

【スタッフブログ】平成29年度鹿沼秋祭り「ふらっと」の様子♪

 2017年10月7日(土)・8日(日)と行われている、「鹿沼秋まつり」。

 

おもてなし広場第2会場として指定されている「まちなか交流プラザ」は、模擬店が軒を連ね、無料休憩所としてもご利用いただけますので、大変な賑わいをみせております!

 

 当館のふらっと職員も、駄菓子・ドリンクの販売の他、天然石のくじ引きを行っております。天然石のくじ引きは特にお子様を中心に大人気で、水晶や黒曜石など、珍しい天然石をGETできますよ。

 

 お手洗いも完備、乳児の授乳スペースもご用意しておりますので、お子様連れのお客様もどうぞお気軽にご来館ください♪

 

当館は7日(土)8日(日)両日ともに、午前10時~午後9時までご利用いただけます。

 

皆様、ぜひ鹿沼の秋まつりを心ゆくまでお楽しみくださいませ。