助成金情報オススメサイト

 

1. CANPAN FIELDS

   https://fields.canpan.info/grant/

 

2. とちぎボランティアNPOセンターぽ・ぽ・ら

  https://www.tochigi-vnpo.net/db/jyoseikin/jyoseikin_list.php

 

 

各種助成金情報とお知らせ

東京海上日動あんしん生命 奨学金制度

続きを読む

TOYO TIREグループ環境保護基金 2022年度募集

環境保護活動を行う非営利団体を資金面で支援することを目的として助成を行ってきたTOYO TIREグループ環境保護基金が、来年度の助成団体の募集を開始しました。

 

参照サイト:https://www.philanthropy.or.jp/toyotires/

 

1.助成対象とする団体・事業と助成枠

1)公益に資する事業を計画している団体。

2)環境保護・環境保全関連の事業活動。

(1)里山・森林・緑化整備運動

(2)生態系保護活動

(3)水・河川環境保全活動
(4)地域環境整備活動
(5)リサイクル活動

(6)環境教育・体験学習活動
(7)啓発活動・イベント活動

(8)研究・開発活動

(9)その他

3)2022年4月1日から2023年3月31日までの間における1年間の事業活動

4)助成金金額:150万円

 

2.申請対象としない基準

1)営利を目的とする団体・事業

2)宗教上の活動を目的とする団体・事業

3)特定の政治上の主義を推進し、支持し、またこれに反対するこ 

 とを目的とする団体・事業

4)基金寄付者と特別な利害関係にあると判断される団体・事業

5)債務の弁済や基本財産の出捐を目的とする団体・事業

6)個人事業

7)助成を受けた事業が完了していない、または、「年度助成事業

 実績報告書」を提出していない団体

8)活動実績が1年に満たない団体

9)過去3年間の決算平均収支が年間マイナス50万円以上の団体・

 事業

10)助成金額の事業費に占める割合が10%未満または90%超の

   団体・事業

 

3.助成選考優遇項目

(1)活動姿勢

・目標、ビジョン、成果、課題は明確である

 

(2)活動内容・状況

1.事業の必要性・公益性

・社会からのニーズや緊急性が高い事業である

・なぜその問題に取り組まなければならないかが明確である

 

2.事業の独創性・先駆性

・これまでにない新しい取り組みである

・従来にない新しい視点や発想、手法が盛り込まれている

 

3.事業の実現可能性

・事業の内容や取り組み方法は妥当である

・事業のスケジュール、実施体制は妥当である

・必要に応じて他団体等との連携をとっている

 

4.費用、予算の妥当性

・事業に必要とされる費用で、内容に見合った見積りである

・見積単価は妥当である

・助成の費用効果は高い

・事業に係る収入見込みは妥当である

・収益負担者の水準は適切である

・その他無駄な経費をかけていない

 

5.事業の波及・発展性

・一過性の事業でなく、事業の拡大や持続性、波及効果が期待で

 きる

・自治体のみならず、地域の資源を活用している

 

(3)組織力

・団体の活動実施体制(組織力)は妥当である

 

(4)その他の加点減点事項

・その他、活動の勘案すべきメリットがある

 

4.募集期間

2021年7月1日(木)~2021年9月30日(木) 当日消印有効

 

5.提出書類

・申請書

・定款

・役員名簿

・最新の事業報告書および本年度の事業計画書

・最新の収支報告書および本年度の予算計画書

・法人のパンフレットなど

※2020年度助成を受け、2021年度助成金を活用して活動を継続

 している団体、2021年度助成を受けている団体が今回申請す

 る際は、別途中間報告書が必要です。事務局までお問い合わせ

 ください。

 

6.提出方法

下記送り先まで送付してください。なお、お送りいただいた申請書類は返却いたしません

 

[申請書送り先]

100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル244区

公益社団法人日本フィランソロピー協会

「TOYO TIRE グループ環境保護基金」事務局

電話:03-5205-7580

 

7.審査結果

2021年1月中に応募団体に通知いたします。

 

 

 

 

 


【助成金情報】ブリヂストン BSmil募金

株式会社ブリヂストンが、同社の従業員募集制度である❛❛B Smil(ビースマイル)募金❜❜を通じ、SDGsの達成などに向けた社会課題の解決に取り組む団体の支援を開始しました。

 

参照サイト:https://www.philanthropy.or.jp/bridgestone/2021/

 

1.助成対象とする団体・事業と助成枠

(1)非営利団体(3年以上の活動実績および現在も継続的に活動実施している

    こと)

 

(2)ブリヂストンのグローバルCSR体系「Our Way to Serve」の3つの重点 

  要領に該当し、SDGsの達成などに取り組む団体・事業

 

=3つの重点領域=

「Mobility(モビリティ)」

多様な移動ニーズに応える/モビリティの進化に貢献する/安全・安心な移動を支える

 

「Peoole(一人ひとりの生活)」

安心・安全な暮らしを支える/次世代の学びを支える/地域の健やかな暮らしを支える

 

「Environment(環境)」

自然と共生する/資源を大切に使う/CO2を減らす

 

(3)2022年1月1日から2022年12月31日までの間における    

 1年間の事業活動

 

(4)助成金額上限:1団体につき100万円

  助成金額:900万円

 

2.申請の対象としない基準

(1)宗教法人、政治・宗教・思想・営利等を目的とした団

  体・活動

(2)反社会的勢力に該当している、もしくは反社会的勢力と 

    関係を有している団体・活動

(3)債務の弁済や基本財産の出捐(しゅつえん/金銭や品

    物を寄付すること)を目的とする団体・活動

(4)株式会社ブリヂストンが寄付している団体・活動(災害

    支援時の団体・活動は除く)

(5)寄付の継続を活動の前提にしている団体・活動

(6)支援を受けた活動が完了していない、または「報告書」

  を提出していない団体・活動
(7)個人への支援を目的にした活動

(8)日本国内の銀行に普通預金または当座預金口座を有して

  いない団体・活動

 

3.助成選考優遇項目

(1)活動姿勢

目標、ビジョン、成果、課題が明確に示されている

 

(2)活動内容・状況

1.事業の必要性・公益性

・社会からのニーズや緊急性が高い事業である

・なぜその問題に取り組まなければならないかが明確で

 ある

 

2.事業の独創性・先駆性

・これまでにない新しい取り組みである

・従来にない新しい視点や発想、手法が盛り込まれている

 

3.事業の実現可能性

・事業の内容や取り組み方法は妥当である

・事業のスケジュール、実施体制は妥当である

・必要に応じて他団体等との連携をとっている

 

4.費用、予算の妥当性

・事業に必要とされる費用で、内容に見合った見積りであ

 る

・見積単価は妥当である

・助成の費用対効果は高い

・事業に係る収入見込みは妥当である

・収益者負担の水準は適切である

・その他無駄な経費をかけてない

 

5.事業の波及・発展性

・一過性の事業ではなく、事業の拡大や継続性、波及効果  

   が期待できる

・自団体のみならず、地域の資源を活用している

 

(3)組織力

事業実施にあたり体制が十分である

 

(4)その他の加点減点事項

その他、活動の勘案すべきメリットがある

 

4.募集期間

2021年5月21日(金)~8月6日(金) 当日消印有効

 

5.提出書類

・申請書

・定款

・役員名簿

・最新の事業報告書および2021年度の事業計画書

・最新の収支報告書および2021年度の予算計画書

・反社会的勢力ではないことの表明・確約に関する同意書

・法人のパンフレットなど

 

6.提出方法

下記送り先まで送付してください。なお、お送りいただいた申請書類は返却いたしません。

 

〈申請書送り先〉

〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル

244区

公益財団法人日本フィランソロピー協会

「BSmil募金」事務局

電話:03-5205-7580

 

7.審査結果

2021年12月中に応募団体に通知いたします。 

 

 

 


かぬま市民活動情報紙ふらっとNo.005

1.市民活動を深めるための情報

 *コロナ禍における活動の「工夫や、取り組みの事例」

 

2.助成金情報・募集情報

 *市民の為のオンライン 無料環境講座 2021

https://www.sompo-ef.org/kouza/kouza2021/

 

 *公益財団法人ユニベール財団

「特定活動助成 2021“傾聴ボランティア”を応援します 」

https://univers.or.jp/index.php?civilactgrant

 

 *令和3年上期一般助成 洲崎福祉財団 

 「障害児者に対する自立支援活動への一般助成」

http://www.swf.or.jp/josei/josei_top.html

 

 *公益財団法人JKA

 「新型コロナウィルス感染症の拡大防止策に対する支援」

https://hojo.keirin-autorace.or.jp/shinsei/covid19.html

 

 *たかはら子ども未来基金(応募期限間近)

 「学生インターン助成」インターン生募集

https://www.tochicomi.org/takaharainternforstudents/

 

3.ふらっとからのお知らせ・他


0 コメント

【助成金情報】2021年度 緊急支援プロジェクト助成

公益財団法人かめのり財団が新型コロナウイルス感染症拡大という世界規模での非常事態への対応として、緊急支援助成事業「緊急支援プロジェクト助成」および「留学生緊急支援金」を実施しています。

 

参照サイト:https://www.kamenori.jp/kinkyujyosei.html

 

〈テーマ〉

多文化共生社会を目指して ~今日本に暮らす外国人の方々に必要な取組とは~

 

〈趣旨〉

かめのり財団は日本とアジア・オセアニアの若い世代の交流を通じて、未来にわたって各国との友好関係と相互理解を促進するとともに、その懸け橋となるグローバル・リーダーの育成をはかります。

2020年から続く新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により国際交流事業が実施できない状況下で、その再開を見据え、2021年度は日本国内でCOVID-19により生じた新たな課題に立ち向かう活動を緊急的に助成します。本助成事業では、アジア・オセアニアを対象に、日本に居住する外国人やその人々が暮らす地域の抱える課題に気づき、その解決に向け取り組む活動を支援します。これらの活動を通じて、異なる文化の人々が互いを理解・信頼し、共に生きていく社会を目指します。

 

〈助成対象事業〉

・COVID-19の影響を受ける人々や地域の実態を知るための調査・分析を行い、それにより明らかになった課題を解決するために取り組む事業であること(*1)

・活動地域が日本国内であること

・事業実施期間は、2021年10月1日~2022年3月31日とするが、最長2023年3月31日までの2022年度にまたがる活動も認める(*2)

・事業の対象者(受益者)に、現在日本に居住しているアジア・オセアニアの国・地域からの在留外国人が含まれていること(*3)

 

*1 調査活動のみ行う事業は対象外とする

*2 ただし2021年度内(2022年3月31日まで)に事業を開始していること

*3 対象とする国・地域は募集要項でご確認ください

 

〈応募方法〉

詳細は以下のURLをご覧ください。

https://www.kamenori.jp/pdf/kinkyujyosei2021/2021kj-boshuyoukou.pdf

 

〈お問合せ先〉

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目5番地 ベルヴュー麹町1階

TEL : 03-3234-1694

FAX : 03-3234-1603

E-mail : info@kamenori.jp

 

 


【助成金情報】たかはら子ども未来基金 学生インターン助成

NPO活動に関心の高い学生・若者の、インターンシップ希望者を募集!

 

市民活動の現場で、スタッフの視点で関わることで、

活動の背景や課題などを深く学ぶことができ、

また、同じインターンシップを行う学生・若者と

切磋琢磨しながら活動に取り組めます。

 

参照サイト:https://www.tochicomi.org/takaharainternforstudents/

 

<概要>

NPOにインターン生として関わりたい学生・若者と

インターン生を受け入れたいNPO団体のマッチングを行います。

※8月~来年2月までの間に、12日以上、NPOの現場で活動を行います。

 

〈受入団体〉

・NPO法人キーデザイン

・NPO法人 足尾に緑を育てる会(日光)

・NPO法人風車

・学びステーション鹿沼

・一般社団法人こども食堂ノエル

・NPO法人プロジェクト宙(鹿沼)

・宇都宮市学童保育センター(宇都宮)

・NPO法人うりずん(宇都宮)

・NPO法人和音 いのくら児童クラブ

 

<助成額>

学生:1人60,000円

 

<申込期日>

 2021年7月12日(月)必着

 

<申込方法>

参照ページより

 

 

<詳細/問合せ>

とちぎコミュニティ基金

(認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク内)

 担当:宮坂・矢野

 住所 〒320-0027 宇都宮市塙田2-5-1 共生ビル3階

 電話028-622-0021 FAX:028-623-6036

 メール info@tochicomi.org


0 コメント

【助成金情報】つなぐいのち基金 助成金団体募集

公益財団法人 つなぐいのち基金が、社会的ハンディキャップを抱える子どもたちを支援する団体、活動や事業プロジェクトに助成を行うことにより児童の心身の健全な育成に貢献することを目的として、優れた活動及び、これを推進する団体機関を支援するための助成先募集を行っています。

 

参照サイト:http://tsunagu-inochi.org/notice/application-for-grants/

 

〈助成概要〉

(1) 2020年度対象事業の助成金の概要

児童福祉を目的とした、社会的ハンデを抱える子どもたちを対象とした支援事業、支援活動、支援のプロジェクト等に対して、助成金(2021年度助成予算総額は 240万円)を支給します。

 

「つなぐ助成」

総額150万円、1団体 20~50万円 の単年度での助成金を支給します。

例年通り、何らかのハンデキャップを抱える子どもたちの支援をするための助成です。

※ 助成金額は1件30万円を標準額としますが、実際の支給額は内容等を勘案し決定します。

※ 上限は50万円ですが、複数団体でのコレクティブ・インパクトを意識した応募の場合は

団体30万円×団体数(最大150万円まで)が上限額となります。

(※ コレクティブ・インパクトについて:様々な理解がありますが、立場の異なる組織が、組織の壁を越えてお互いの強みを活かして協働して社会的課題の解決を目指すアプローチのこととして、複数団体での募集とその成立要件を有しているものを対象)

 

「くるくる基金助成」

総額90万円 の単年度での助成金を支給します。1~3団体の採択を予定しています。

with、afterコロナの子どもたちの子どもの居場所の支援助成です。

緊急コロナ対策ではなく、中長期の視点での地域の子どもたちの成長、健全な育成のための

素敵なアイデアを募集する助成となります。

 (除菌グッズなどのコロナ対策は使途の対象外となりますのでご留意ください。)

 

 

〈募集等の日程〉

(1) 募集期間

2021年5月8日(土)~2021年6月27日(日) 17:00まで

※ 仮申込エントリーは 6月25日(金) 23:59までとなります

 

(2) 選考結果の通知

2020年7月( 助成金の交付は2021年8月を予定しています。)

 

〈応募制限〉

設立からの年数、その他

次の条件を全て満たす団体を対象とします。

 

(1) 日本国内を活動の場とする、下記のいずれにも該当する団体であること

1. 社会福祉法人、NPO法人、任意団体等 (NGOやボランティア団体等)

2. 活動開始後1年以上の活動実績を有する団体(申請時点)

3.法人の場合は、基準日: 令和3年4月30日時点で登記が完了していること。

 

(2) 次のいずれかの活動を行う団体であること

1. 子どもたちが地域社会などと関わりながら、より人間らしく健全に成長できるための直接支援活動

2. 単発的レクリエーションではなく、社会的ハンデを抱えた子どもたちの中長期的生育環境改善活動

3. 助成によりどのように点が充実、発展するのか、成果(課題明確化含む)が明確である活動

4. 新たな子どもの支援についての調査・研究、啓発活動など

 

 

〈応募方法〉

助成募集エントリー・提出書類

手順1 まず募集ページの最下段にある「助成金 仮申込書 フォーム」よりエントリー。

※「仮申込」と「正式申請」の提出の両方で、助成申込完了となります。

 

 🔻  エントリー登録確認通知の自動返信メールにて送信されます。(「2021年度対象つなぐ助成応募申請書」Excelファイル添付されています)

 

手順2 「正式申請」メールの送信を送信ください

・「2021年度つなぐ申請書兼報告書」ファイルに必要事項を入力

・その他の必要な資料を併せて添付の上

メールアドレスentry@tsunagu-inochi.org 助成選定委員会事務局宛に送信ください。

※持ち込みや郵送は不可

※申請書は返却いたしません

※下記(CANPAN | 団体情報/団体一覧)に対象情報をアップしている場合、入力負担が軽減

https://fields.canpan.info/organization/

 

〈お問い合わせ先〉

以下のフォームを活用ください。

http://tsunagu-inochi.org/contactus/

 

 

 

 


日産財団 理科教育助成

日産財団 理科教育助成

 

日産財団は豊かな未来社会をリードする

人材育成を応援します

 

 

《募集内容》

 

1,科学的思考能力の育成を目指す理科教育実践

 

2,創造的・問題解決能力の育成を目指す、先進的な理科教育の実践研究の取り組み、特に、この考え方の具体であるSTEM教育やSTEM教育※に繋がっていくような挑戦的な理科または総合的な学習の時間における取り組み

※科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、アート(Art)、数学(Mathematics)の 5 つの領域を対象とした理数教育に創造性教育を加えた教育理念

 

 

《応募資格》

 

国・公・私立の小学校、中学校、小中一貫校 、中高一貫校の中学部、義務教育学校

※地域教育支援団体、NPO 法人や、個人の活動は対象外 となります。

 

 

 

《助成金額》

 

 40万円

 

 

 

《助成期間》

 

 2022年4月1日~2023年3月31日(1年間)

 

 

《助成件数》

 

 35件程度

 

 

《募集期間

 

 2021年6月1日~2021年9月15日

 

 

《応募方法

 

下記Web登録システムから申請者情報と申請書をご提出いただきます。
必ず募集要項・Web申請方法をご確認の上、「Web登録システム」からご応募ください。

 

 

《結果連絡》

 

採択選考結果:2021年12月頃に、申請の際に登録されたメールアドレス宛に結果を通知します。

 

 

 

 

 

 


0 コメント

【助成金情報】小林製薬青い鳥財団 支援活動・調査研究助成

小林製薬青い鳥財団は「健康」や「福祉」を主とする生活領域において、“あったらいいな”をカタチにしている活動及び調査研究に対して助成・顕彰することにより人々の生活の向上に資するとともに、社会全般の『快』の増大に貢献することを目的とした法人です。

各法人、ボランティア団体を対象に助成支援の応募が6月4日から開始されました。

助成対象分野は、障がい・病気に悩む子ども達とその家族が抱えている様々な医療・福祉上の支援活動及び調査研究で、日本国内において行われるものとします。

 

参照サイト:https://www/kobayashi-foundation.or.jp/assist/index.html

 

【応募資格】

1. 支援活動の場合

日本国内において活動する次の法人等(個人は除きます。)

・公益法人(公益社団法人又は公益財団法人)

・一般法人(一般社団法人又は一般財団法人)

・NPO法人(特定非営利活動法人、特例認定特定非営利活動法人又は認定特定  

 非営利活動法人)

・その他ボランティア団体、町内会など非営利かつ公益に資する活動を行う団 

 体

 

2. 調査研究の場合

・日本国内の大学・研究所等に所属し、研究職に従事している個人

・日本国内において活動する次の法人等

・公益法人(公益社団法人又は公益財団法人)

・一般法人(一般社団法人又は一般財団法人)

・NPO法人(特定非営利活動法人、特例認定特定非営利活動法人又は認定特定

 非営利活動法人)

・その他ボランティア団体、町内会など非営利かつ公益に資する活動を行う団

 体

 

【助成内容】

助成金額

1. 支援活動 / 1件100万円~500万円程度(5件~10件程度)

2. 調査研究 / 1件100万円程度(3件~5件程度)

 

助成対象期間

 

2022年4月より、原則1年ないし2年で一定の成果が得られるもの(複数年にわたる活動の場合でも、支援金は初年度一括交付です。)。

 

【応募手続き

応募方法

所定の申請用紙(A4サイズ)に必要事項をご記入の上、必要書類を添えて押印した正本1部のみ郵送にて応募して下さい。日本語での記入を条件とします。郵送いただいた書類等の返却は出来かねますので、予めご了承下さい。

※申請書は上記の参照サイトからダウンロードできます。

 

応募期間

2021年6月4日(金)~2021年7月30日(金)必着

 

【お問い合わせ先・申請書送付先】

公益財団法人 小林製薬青い鳥財団 事務局

〒106-0032 東京都港区六本木一丁目7番27号 全特六本木ビル East 5階

 

TEL:03-3505-5371(受付:平日 月~金 9時半~17時)

FAX:03-3505-5377

 


【助成金】CANPAN メルカリ寄付50団体公募

市民、NPO、企業などの活動を支援しているソーシャルプロジェクトCANPANが、「メルカリ寄付」機能を開始しました。

これまで包括連携を結んでいる自治体や被災地、主要な慈善団体を中心に寄付先を行ってきましたが、お客様の売上金の使い道にさらなる選択肢を提供すべく、新たに50団体を公募します。

寄付先はサーキュラー・エコノミー団体(循環型経済)を推進する非営利団体としています。

 

参照サイト:

https://about.mercari.com/press/news/articles/20210528_mercari_kifu/

 

 

〈対象団体・事業〉

サーキュラー・エコノミーに関する事業・活動のみに取り組んでいる団体に限定しません。
団体として、教育・福祉・地域活性・子育て支援などの様々な分野を活動目的としながら、事業・活動の一つとしてサーキュラー・エコノミーの実現に向けた取り組みを行っている団体も対象となります。

 

※「政治活動、宗教活動及び営利活動を目的とする団体」及び「反社会的勢力と関わりのある団体」は対象外となります。

 

〈募集時期〉

2021年5月28日~2021年6月21日

締切の6月21日15時までに専用フォームに申請

 

〈寄付金額〉

1円~100万円

 

※お支払い処理のためのメルペイ決済と銀行振込の手数

料相当額(1回につき200円)を差し引かせていただきます。
※詳細は募集要項「5.寄付の金額・仕組み」をご確認ください。

 

〈お問合せ先〉

本事業についてのお問い合わせは、以下のフォームで受付しております。

お問い合わせフォーム 

https://merc.li/smQnP7U5a

※お問い合わせへの対応は、株式会社メルカリおよび運営協力の特定非営利活動法人エティックが行います。

 

 

 

 

 

 


【助成金・助成事業】子ども音楽基金

「ソニー音楽財団 子ども音楽基金」は、「音楽を通した子どもへの教育」を目的とした団体の活動を支援します。

 

参照サイト

https://www.smf.or.jp/kok/about/

 

〈対象団体〉

・日本国内の18歳未満の子どもを対象に、音楽()を通じた教育活動に取 り組んでいる国内の団体およびその活動。

・法人格を有する団体。または、法人格を有しないが、活動するための体制が整っている団体およびその活動。

 

クラシック音楽およびそれに準ずるものを原則とします。

  

〈募集期間〉

2021年6月1日~2021年年7月9日

 

〈詳細・問合せ〉

〒102-8353 東京都千代田区六番町4-5 SME六番町ビル

公益財団法人ソニー音楽財団「子ども音楽基金係」

メールアドレス:kok@sonymusic.co.jp


【助成金・助成事業】赤い羽おうえんプロジェクト

県共同募金と協力をしながら、募金活動を展開し、

「共感と応援と寄付を募る」事業です。

 

参加団体が主体的に募金活動をおこない、

集まった寄付額に応じ、県共同募金より

プラスで配分額が付きます。

 

参照サイト

http://akaihane-tochigi.or.jp/index.php?id=37

 

<対象団体> 概ね10団体ほど予定

①主に栃木県内で活動する民間の非営利団体であること

 (法人格の有無は問わない。)。

②3名以上で構成され、団体としての活動実績が1年以上であること。

➂組織の運営に関する規則(会則、定款等)があり、

 事業内容、会計情報等を公開できること。

 また、団体名義の金融機関預金口座を開設していること。

④政治活動、宗教活動を目的とした団体でないこと。

➄共同募金運動を通して、課題解決の必要性や

 当該団体の活動を広く住民に伝え、寄附者からの

 信頼に十分に応えうる組織体制を持つこと。

 

 

<対象活動>

配分対象とする活動分野は、福祉に係る社会課題、

地域課題とし、公的な制度では解決できない様々

な課題の解決に取り組む活動とします。

(1)ニート・引きこもり等に対する支援活動

(2)虐待防止活動、虐待を受けている人への保護活動

(3)障害者の地域移行を支援する活動

(4)子どもの貧困対策となる活動

(5)自殺予防活動

(6)難病者への支援活動

(7)犯罪被害者家族等への支援活動

(8)地域に暮らす外国人に対する支援活動

(9)子育てに悩む家庭への支援活動

(10)生活課題を抱える高齢者等への支援活動

(11)その他、福祉に係る社会課題、地域課題の解決に取り組む活動

 

 

<応募期限>

2021年6月30日(水)

 

<申請用紙>

コチラ

 

<詳細/問合せ等>

社会福祉法人 栃木県共同募金会

 〒320-8508 宇都宮市若草 1-10-6 とちぎ福祉プラザ内

担当:池田(日本ファンドレイジング協会 認定ファンドレイザー)

電話:028-622-6694


0 コメント

【学生・若者インターン助成】地域を知り新しい自分を発見できる たかはら子ども未来基金

『NPOインターンシップ』

 

参加者募集!学生!若者!

NPOにインターンをする事で、地域を知り

新しい自分を発見

 

【内容】

2021年8月~2月の7か月間(12日以上)

NPOでインターンシップを行う

※活動日は、団体のスケジュールと調整して決められます。

※既存のプロジェクトの発展や、新しいプロジェクトの立ち上げなど、団体によって異なります。

 

【対象】

栃木県内の大学生、専門学校生などの若者、栃木県出身の若者など

 

【定員】

  9人

 

【奨励金】

7か月間12日以上で60,000円

(1日5,000円程度)

※交通費などの活動にかかる費用分を奨励金としてお渡しします

※12日以上活動した場合も金額は変わりません

 

【申込・お問い合わせ】 

   主催 とちぎコミュニティ基金

 TEL 028-622-0021

 Mail info@tochicomi.org

 住所 宇都宮市塙田2-5-1共生ビル3F

 


0 コメント

【助成金】コロナ禍の住宅支援事業

コロナ禍において住まいを失った人に対し、

「住まい」と「自立支援」をセットで提供する

ビジネスモデルを確立することを目的とした助成金です

 

参照サイト

https://www.info.public.or.jp/kyumin-corona-kinkyu-jutaku

 

<対象団体>

生活再建に向けた支援活動の実績が3年以上ある団体で、

コロナ禍で失業等により住まいを失った方に住宅を提供している、

法人格を持つ非営利組織の団体

(NPO法人、社会福祉法人、社団・財団法人など)

※その他、応募要件等については実行団体公募要領①、②を参照ください

 

<対象活動>

【1回目】2021年5月19日(水) 11:00~12:00 

【2回目】2021年5月21日(金) 15:00~16:00

 参加申込URL:https://forms.gle/zzH6RxK3USkt9SPM8

 ※事前参加申込:5月17日(月) 17:00まで

 ※どちらの回も同じ内容となります。

  ご都合に合わせいずれかにご参加ください。

 ※説明会の参加は必須ではありません。

 

<助成額>

1件あたりの上限額: 100,000,000円

 

<応募期限> 

2021年4月30日 (金) ~ 6月30日 (水) まで ※必着

※メールでの様式送信は6月30日(水)17時まで

 

<応募方法>

各種様式をダウンロードし、ご覧いただいた上で、

必要書類一式について、すべて配達証明の残る郵送または宅配にて。

※6月30日必着とします

※一部様式についてはメールでも送信する必要あり。

 詳細は様式7を確認ください。  

 

<詳細/問合せ等>

公益財団法人パブリックリソース財団【資金分配団体】

事務局(担当:松本、鎌田)

電話:03-5540-6256(月~金、10:00~17:00)

FAX:03-5540-1030

E-mail:kyumin.corona-kinkyu.jutaku@public.or.jp

URL:http://www.public.or.jp

※新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う措置として、

当事務局ではスタッフの在宅勤務が実施されています。

本事業に対するお問い合わせについては、原則としてメールにて

お送りいただけますと幸いです。


0 コメント

【助成金】 青少年スポーツ振興に関する助成金 ヨネックススポーツ振興財団

青少年スポーツの振興に関する事業を積極的に行い、

奨励し、または自ら行い、かつ3年以上継続して活動している

団体への助成金

 

参照サイト

http://www.yonexsports-f.or.jp/joseikin.html

 

<対象団体>

①スポーツ振興を主たる目的とする公益社団法人、

 公益財団法人、一般社団法人又は一般財団法人

②上記以外の団体で、次の要件を備える団体(特定非営利活動法人等)

 1.定款、寄附行為またはそれらと同等の規約があること。

 2.団体の意志を決定し、執行する組織が確立していること。

 3.経理処理能力があり、監査する等の会計組織をもっていること。

 4.団体活動の本拠としての事務所をもっていること。

 

<対象活動>

原則として、スポーツ事業に必要な全ての経費が対象。

主に、会場設営費、消耗品費、 印刷製本費、通信運搬費、スポーツ用具費、

講師・審判等への謝礼、旅費等。

但し、協賛金的な性格を有するものについては対象外。

 

<助成額>

対象期間内に予定する一つの事業予算の2分の1

(上限100万円)以内。

但し、同一の事業の場合は前後期で

分けて申請をされても、年間で上限100万円。

 

<応募期限> 

 

前期:2021年4月~9月および2021年度の年間を通した事業

申請期限:2020年12月21日(当日消印有効)

 

後期:2021年10月~2022年3月の事業

申請期限:2021年6月21日(当日消印有効)

 

<応募方法>

申請書類をホームページからダウンロードして記載し、

添付書類を添えて郵送。

 

<詳細/問合せ等>

公益財団法人ヨネックススポーツ振興財団 事務局

〒113-8543 東京都文京区湯島3-23-13

TEL 03-3839-7195

FAX 03-3839-7196

E-mail zaidan@yonex.co.jp


0 コメント

【助成金】 第48回 障がい者福祉への助成 木下財団

障がい者支援に取り組むNPO等の団体に対し、

その事業活動の進展に寄与することを

主な目的にした助成です。

 

参照サイト

http://www.kinoshita-zaidan.or.jp/subsidy/

 

<対象活動・団体>

1.原則として障がい者支援を行う非営利の民間団体であり、

グループホーム、地域活動支援センター、就労継続支援A/B型などの

社会福祉事業(福祉施設の運営、福祉活動など)、

またはそれに準じた事業を行う、規模の小さな団体やNPO法人等の

団体を対象とします。

 

2.環境整備のための施設改修等の工事、設備・備品等の

調達に必要な資金の一部を助成します。

 

3.関東1都6県(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬)にあること。

ただし、対象地域外であっても東京から在来線で2時間程度で

あれば例外とする場合もある。

 

4.1団体内で1施設に限ります。

 

 

<助成額>

1件あたり25万円を上限

(助成総額800万円)

 

<応募期限> 

2021年5月1日~6月7日(必着)

 

<応募方法>

申請書類をホームページからダウンロードして記載し、

添付書類を添えて郵送。

 

<詳細/問合せ等>

社会福祉法人木下財団 事務局

〒104-0042 東京都中央区入船3-2-7 第二明治ビル6F

TEL(03)6222-8927

FAX(03)6222-8937

E-mail info@kinoshita-zaidan.or.jp 


0 コメント

【参加者募集】とちぎユースチャレンジ応援事業

とちぎユースチャレンジ応援事業は、若者が自ら提案し実行する企画を

募集し、優れたものに対して活動費の補助及びアドバイザーによる助言や

指導等を行うことによって、若者の社会参加活動のチャレンジを応援する事業です。

 

参照サイト

 https://www.pref.tochigi.lg.jp/c07/life/seishounen/seishounen/ikuseikensho/yu-sucharenji03.html

 

<支援対象>

青少年の健全育成に資する提案

■例

  青少年の社会参画活動や異世代との交流体験、イベントの実施

  本県の知名度・魅力度アップ事業の実施New

  困難を抱える青少年やその家族の支援、青少年を取り巻く社会環境の整備

 

<支援の内容>

1.  活動費の補助(ただし、上限10万円。精算払い)

2.  スタートアップ研修の実施

 (提案事業を実行するために必要な事項について研修を実施します。)

3.  ブラッシュアップ研修

 (アドバイザーを派遣またはアドバイザーの訪問により、

  企画の実現に必要な指導・助言を受けるなどの活動のフォローを

  行います。 

 

<応募資格>

県内在住のおおむね18歳から30歳までの若者2人以上が

中心なって活動する団体・グループ

※   過去に参加した団体についても応募可能

 (前回の課題解決を踏まえた企画に限る。)ですが、

  2か年を限度とします。

 

<応募期限> 

2021年6月18日(金)【17:00必着】

 

<詳細/問合せ等>

人権・青少年男女参画課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-3076

ファックス番号:028-623-3150

Email:seishonen-danjo@pref.tochigi.lg.jp

 

 


0 コメント

【募集情報】住まいのまちなみコンクール 募集

居住者を含め、地域の方々の維持管理の努力によって

良好なまちなみが形成されている地区・団体を支援することを目的に、

募集・顕彰です。

 

参照サイト

https://www.machinami.or.jp/pages/contest_guideline17.shtml

 

<対象活動>

人口減少社会の中、まちの価値の落ちない、

選ばれる地域づくりが求められています。

地域の特性を活かし、魅力的な住まいのまちなみを育む維持管理、

運営などの活動に実績を上げている住民組織をまちづくりのモデルとして

表彰し、支援します。

 

 

<助成額>

50万円(1団体・1年あたり)を3年間、

維持管理活動の推進のために支援します。

 

<対象団体>

地域の維持管理活動を行っている団体であること。

たとえば町内会、自治会、管理組合、建築協定に基づく運営委員会、

地域NPOなどです。

法人格不問。活動の根拠となる規約などが文書化されていること。

 

30戸以上※1の戸建て住宅を中心に構成され、

良好な景観が形成されている一体的な住宅地※2において、

概ね10年以上※3にわたって住民主体で適切な住まいのまちなみの

維持管理活動を行っている団体。

 

※1 やむを得ない事情がある場合は概ね20戸以上でも可とします。

※2 伝統的建造物群保存地区を除きます。

※3 他団体としての活動を継承している場合、通算の年数とします。また、

以下に例示するような新しい社会的課題に対応した先進的なまちなみづくりが

行われている場合、活動期間は問いません。

(新しい社会的課題[例示])低炭素、健康福祉、防災・防犯、高齢化対応、

子育て支援、空家・空地の利活用、住み替え支援、農ある暮らし、など

 

<応募期限> 

2021年8月31日(火)必着

 

<詳細/問合せ等>

一般財団法人住宅生産振興財団内 

住まいのまちなみコンクール事務局 担当:遠藤・石川

〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-11-15 SVAX TTビル5階

(TEL) 03-5733-6733 (FAX) 03-5733-6736

(e-mail) contest@machinami.or.jp

 


0 コメント

【助成金】コロナ禍における困窮者支援活動助成

日本国内において新型コロナウイルス感染症の影響により

経済的な負担を抱えている人々や、深刻化している暴力による被害

(DV、性暴力、性的搾取、児童虐待など)、生活困窮・社会的孤立に

関連した活動を行っている団体やプロジェクトに対する助成金です

 

参照サイト

https://kikin.yahoo.co.jp/support/life.html

 

<対象活動>

本助成プログラムの募集目的と活動趣旨が合致し、

新型コロナウイルス感染症の影響により顕在化している

問題に対し解決へと導く活動

 

■主な活動例

相談支援活動/生活支援活動/居場所支援活動/学習支援活動/

就労支援活動/その他、社会的孤立や貧困の連鎖解消につながる活動

 

<助成額>

1団体あたり助成額上限100万円

(助成総額2,000万円)

 

<対象団体>以下すべてを満たす団体

・非営利かつ公益に資する活動を行う法人又は任意団体

・日本国内に本拠地をおく団体

・政治・宗教活動を目的としない団体

・反社会的勢力と一切関わりがない団体

 

<応募期限> 

2021年5月20日(木)23時59分

WEBでの申請となります。

 

<詳細/問合せ等>

https://form-business.yahoo.co.jp/claris/enqueteForm?inquiry_type=kikin_josei_inquiry_10141

 


0 コメント

【助成金】令和3年度 障害者支援団体への助成

令和3年度 障害者支援団体への助成

 

対象:

○原則として障害者支援を行う非営利民間団体であり、就労継続支援A/B型、地域活動支援センター、グループホーム等の社会福祉事業、またはそれに準じた事業を行う、規模の小さな団体やNPO等の団体を対象とします。但し、加齢に伴う障がい(高齢者)は除きます。

○グループ内で一施設のみの申請とする。

○関東地区(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木)にあること。

 但し、対象地域外であっても東京から在来線で2時間程度であれば例外とする場合もある。

 

助成内容:

施設の増改築・補修、または、備品・設備等の購入に必要な資金の一部

 

助成金額:

総額800万円

一件あたりの限度額25万円

 

申込期間:

2021年5月1日㈮~6月7日㈪必着

 

助成の決定:

2021年10月に決定、12月に交付

 

応募方法:

申請書類を郵送にて提出

申請書類はホームページよりダウンロードし添付書類を添えてください。

募集要項、注意事項など、詳しくはホームページをご覧ください。

(http://www.kinoshita-zaidan.or.jp)

 

申し込み・お問い合わせ:

社会福祉法人木下財団 事務局

〒104-0042

東京都中央区入船3-2-7

TEL:03-6222-8927

FAX:03-6222-8937

E-mail:info@kinoshita-zaidan.or.jp

 


0 コメント